「rikipro(リキプロ)」が誕生する根元を辿ればWJプロレスの存在が見えてきます。ここではWJプロレスがどのような経緯でできたのか、そこからリキプロへどうつながったのかというのを説明したいと思います。

★WJプロレスの旗揚げについて

WJプロレスの元を辿れば新日本プロレスです。当時長州力が新日本プロレスの現場監督を取り仕切っていました。

しかし、全日本プロレスに数名の選手を引き抜かれた責任を取らされる形となり、長州力は監督を下される形となりました。

ちなみにこの時引き抜かれた選手で有名どころは武藤敬司です(お笑い芸人がよくウィ〜ってモノマネをするヒゲのおじさん)。

そして同時期に当時宣伝部長だった永島も退社し、合流した形でファイティング・オブ・ワールド・ジャパン(以下WJプロレス)を設立しました。

長州力はWJプロレスの旗揚げ時に「プロレス界のど真ん中を行く」と意気込んでいました。3月1日に横浜アリーナで旗揚げしたのですが、同日に日本武道館でプロレスリングノアのビックマッチ、有明コロシアムでkー1が開催されるなど最悪な日程で大コケとなりました。プロレス

さらに旗揚げ興行は散々なもので、長州力対天龍源一郎が6戦やる予定が3戦鹿できなかったり、参戦予定だった大仁田厚も当時議員でイラク戦争により、議員会館での待機により欠場となるなど初っ端からコケまくりでした。

★WJプロレスの崩壊について

WJプロレスは計画性の乏しさと不慮のトラブルにより崩壊の一途を辿っていました。旗揚げ興行で大コケしたことは序の口、練習中にジャイアント落合の死去、観客動員の苦戦、収入不足による経営状況悪化、ギャラ未払いなどがたたり相次いで退団者が出てしまいました。

総合格闘イベントxー1を開催するもレベルが低すぎて酷評。WJプロレスはやることなすこと全てにおいてダメで客離れが進みました。

WJプロレスは一度発表された興行が中止になるという事態が続発し、経営という面においては最悪としか言いようがありませんでした。

一番話題に上がったのが、後楽園ホールを抑えていると思って大会を行うといったが、実際は後楽園ホールを借り切れていなくて大会を開くことができないという事態。何とも体たらくな有様でした。

ちなみに同日はボクシングが行われた模様。このダメっぷりは一般企業でも反面教師にできるのではないでしょうか。

★WJからリキプロへの移行について
上記を読むともう「WJプロレス破綻だろ」と思うことでしょう。そうです。こんな状態で立て直しもクソもありません。2004年にWJプロレスは「rikipro(リキプロ)」にスライドするような形で活動停止することになりました。

もちろんこの時点では未来のことなので断定はできませんが、この状況でできたリキプロが成功するかどうかなんて分かりきっていますよね。ともかくWJプロレスの精神はリキプロに託される形となったのですが……。

プロレスの世界は派生したり、枝分かれしたり、かと思えばまたくっついたりが繰り返されます。リキプロに所属していた長州力も新日本プロレスに復帰したわけですが……。ここでは、その複雑極まりない動きを簡単にまとめてみました。

★そもそもプロレス団体がよく分からない

まず、簡単にプロレス団体というものをおさらいしてみましょう。

日本のプロレスは元をただせば力道山がデビューした1951年に遡ります。日本人女性を初のレスラーはソラキチ・マツダですが、ややこしくなるのでとりあえずプロレスの父=力道山だと思ってください。

当時柔道がGHQに禁止されていたことにより、簡単に言えば柔道家が取り込まれるような形となりプロレスが急激に発展しました。そこから野球、相撲、プロレスが人気のスポーツとなったわけです。

1953年に力道山が日本プロレスを旗揚げしました。当時プロレスと言ったら日本プロレス一本でしたが、力道山の死去後東京プロレスと国際プロレスが発足。その後新日本プロレス、全日本プロレスができます。

ちなみに新日本プロレスを起こしたのがアントニオ猪木、全日本プロレスを起こしたのがジャイアント馬場です。逆にその二人を失った日本プロレスは崩壊してしまいます。

その後1984年にUWFが発足。ショー的要素からして格闘技要素を追求するようになりました。

1988年に大仁田厚がFMWを立ち上げインディー団体が乱立するように。この頃からプロレス人気の陰りが見られるようになったと言っても過言ではないでしょう。

★長州力の不可解な動き

長州力はアントニオ猪木の弟子として台頭しました。

新日本プロレスのエース格となった長州力は新日本プロレスの現場監督になります。しかし主力が全日本プロレスに引き抜かれたことにより事実上降格。新日本プロレスを退社しWJプロレスを立ち上げます。

WJプロレスは無計画さやイージーミスを連発し、すぐに経営悪化の一途をたどります。立て直しも聞かなくなり、所属選手は契約解除となりました。

そこから分離される形でリキプロが設立されるわけですが、リキプロも付け焼き刃といった形であまり上手くはいきませんでした。所属選手はいなくなり、リキプロは事実上長州力の個人事務所と化しました。それでもリキプロに所属しつつ新日本プロレスの現場監督に復帰するなど、長州力の存在感は重宝されていました。

★まだまだプロレス会を支えている長州力

もはや団体がグチャクチャになりすぎて収拾がつかなくなったプロレス界ですが、がむしゃらにやって人気を取り戻そうとしている感は強いです。一般企業で行ったら、元々働いていた会社から独立して上手くいかなかったけど、個人に実力があるから元の会社が「お前の力を貸してくれ」と言っているようなものですよね。この持ちつ持たれつといった精神は見習うべきなのではないかと思います。

リキプロ

リキプロでも新日本プロレスでもどちらでもいいから、自分が出来る範囲でプロレス界を支えるんだというメッセージ性が強い気がしてなりません。(あの滑舌の悪さと長州小力にモノマネをされているところを見ると考えすぎか?と思ってしまわないでもないですが……)。それでもみんなが見ていて飽きないキャラなので、まだまだ頑張って欲しいですね!

今ではリキプロに所属する唯一の人物長州力。ここでは彼の人柄やプロフィールについて簡単に紹介したいと思います。

プロレス好きではない人も、お笑い芸人の長州小力を通じて長州力を知っているなんていう人や、最近ではプロレスラーとしてではなく「滑舌の悪いおっちゃん」としてよく知られているかもしれませんね。

しかし長州力は、実はというかやはりというか、何気にすごいプロレスラーなんです!

★長州力を取り巻く環境

リキプロ

リキプロ所属の唯一のプロレスラー長州力は、リング内外で突っ込みどころ満載で何から語りつくせばいいのか迷うところです(笑)。

が、まず最初に挙げておきたいのは彼の国籍について。実は彼、韓国人です。韓国代表で柔道選手としてミュンヘンオリンピックに出場しています。その際日本代表だったジャンボ鶴田をライバル視していました。

長州力は大学は専修大学に通っていて、卒業と同時に新日本プロレスに入門。1974年にデビューしました。

元々日本名である吉田光雄でリングデビューを飾りましたが、出身である山口の旧名が長州であることと、力道山の力から長州力と名付けられました。

ちなみに命名したのはアントニオ猪木です。

長州力は実力もあったしテレビでの露出も多かったのですが、ルックス的な問題と地味な技、無骨なファイトスタイルによりあまり人気は出ませんでした。

それでもプロレス全盛期の実力レスラーで新日ブームを巻き起こします。

長州力の入場曲は平沢進が手がけたパワーホール。この曲を手がけた平沢は実は長州力について全く知らなかったようです。

★ジャパンプロレスを旗揚げしたり、いろいろやってみるが…

その後長州力はジャパンプロレスを旗揚げしましたが、すぐに新日本プロレスへカムバックします。

その後WJプロレスを立ち上げ、そのWJプロレスはうまくいかなくなり、リキプロを設立したりなど、忙しいのやら何がしたいのやらという形でした。

ちなみは今はリキプロに所属しながら新日本プロレスの現場監督を行うなど、籍だけはリキプロに置いているような状態です。

いろいろやるといえば、長州力はリング外でもいろいろやっちゃいます。

革命戦士として知られる長州力は、ビジネスリーダー養成講座である長州力革命塾を開きリーダーシップ論を説いています。しかし、自身がWJプロレスやリキプロを失敗させるなどしているため、自虐ネタを盛り込み盛況なようです。

★長州力の周辺を固めるレスラーたち

長州力はあらゆるレスラーとライバル関係、師弟関係、敵対関係を結び、コネクションの広さでは随一と言えるレスラーです。

まず師匠。長州力の師匠はアントニオ猪木です。もはや知らない人も多いかもしれませんね。プロレス人生で彼の左右を決めたのはアントニオ猪木が全てだったと言っても過言ではないかもしれません。

師匠という意味ではマサ斎藤もその一人です。猪木ほどとは言いませんがやはり長州力に影響を及ぼしています。

長州力の盟友と言ったら藤波です。長州と藤波は切っても切り離せない縁があり、とにかくいろいろある仲です。

柔道家だった頃からのライバルといえば、ジャンボ鶴田です。後に長州力の永遠のライバルの一人として位置付けられていると言ってもいいでしょう。

長州力と敵対している選手といえば西村修で、理由は私情優先ということが挙げられます。

長州力の弟子は佐々木健介(北斗晶の夫)です。一度長州力が引退した時にリングネームを襲名するのではという噂もあったが叶いませんでした。

長州力はその後大仁田厚の挑発に乗る形で再び現役復帰を果たしています。

このように、言ってみれば、長州力には前後左右有名プロレスラーが固めているのです。

★最近はバラエティでも活躍

長州力は、現在では滑舌悪い芸人(?)の一人として組み込まれています。もちろん芸人ではないのですが、もはやプロレスラーとしての彼の勇姿を知る年代はかなり高年齢なので、若者にとってはもはや芸人です。

自身のブログ「長州力公式ブログhttp://www.choshuriki.com/」でもメディアに出る旨を告知していますが、まるで芸人のような宣伝ぶりです。